トップイメージ
「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を狙う商品です。取引の価格は変化しています。それがマーケットです。ラジオを聞いていると、外貨の市場のニュースが流れる場面があります。例としてあげると、「今のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを示しています。要するに、トレードには買値と売値の2つの値段があるという事です。売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX会社も存在しています。一般的に買値よりも売値のほうが安価に設定されるものです。私達が買値は高く、売値は安くなります。この差額をスプレッドといい会社の稼ぎといわれています。スプレッドの狭さは会社によって変化します。スプレッドの狭さはみなさんにとって負担になるので低い取引業者を選んだほうが有利です。ただし、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの広さは変わります。もしも円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても、相場の変化がかなり大きいケースでは3銭、4銭になったりするのです。という訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい、安定しているのが重要です。この頃では固定でスプレッドの幅を提示する業者もいくつも存在します。リアルに業者の注文画面上で実際の為替レートをチェックしなければ見分けられないので手間がかかりますが、肝心な事です。大切なお金を投資して取引をしますので現実の売買の前に、興味を持った会社の新規取引口座開設を全てして、示されているスプレッドの幅を知っておきましょう。同じ通貨ペアでもその瞬間のボラティリティによって通貨のスプレッドの幅は異なることがあります。通常、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が狭くあとの通貨ペアではスプレッドの幅が拡大する事があります。

リンク

Copyright © 1998 www.calhounstudios.com All Rights Reserved.